» 髪・育毛の話のブログ記事

先日、姉のおうちに遊びに行きました。

小学生の長男と1歳半になる次男(わたしにとっては甥っ子)がいます。

たまに遊びに行くと、ふたりの成長ぶりに毎回驚くのですが、今回も驚きまくりでした。

赤ちゃん

1歳半になる次男坊は、まだ言葉は話せませんが身振り素振りで言いたいことはなんとなくわかるようになりました。

そして、こちらの言っていることも大半を理解しているみたいで、「おもちゃ片づけてごはんだよ」というと、ちゃんとおもちゃを箱に片づけて、手を洗いに洗面台へよちよち歩いていきます。

もちろんまだ自分で蛇口をひねり手を洗いタオルで拭く、ということはできないので、大人がついていって、抱っこして手を洗ってあげるのですが、大人の言っていることを理解し、やれる範囲で動く姿に感動しました。

そして、お兄ちゃん大好きっぷりもすごくて、兄弟の様子を見ていると微笑ましいことがたくさんあります。

小学校から帰宅したお兄ちゃんが、玄関で「ピンポン」とコールすると弟は玄関へ急いで迎えに行きます。

それまで積み木で一人遊びしていても、「ピンポン」の音にすばやく反射してにこにこ笑顔。その表情の変化がすごくて、お兄ちゃん大好きなんだな、ってよくわかります。

お兄ちゃんはお兄ちゃんで、弟をかわいがり、思いやる姿に、弟が生まれる前とはだいぶ変化したな、と思い知らされます。

ふたりの成長が目覚ましいので、姉の家に遊びに行く頻度増やさないとあっと言う間にわたしと遊んでくれなくなっちゃいそう。

男の子は大きくなるとかまってくれなくなりそうなので、今のうちにたっぷり触れ合っておかなくちゃ。

ただ、その赤ちゃんのお父さんが髪が薄くて心配でした…。やっぱり、将来は禿げちゃうのかなぁ。

日々の食材は自宅にもっとも近いスーパーで買っているのですが、最近は外国産の野菜が幅を利かせていてあまり買う気が起こらなくなっていました。

買い物
それで、自宅からは少し距離があるのですが地元の農家の方が朝採った野菜を販売しているJAのファーマーズマーケットに行ってみたら…もう、大興奮!

スーパーの野菜と比べたらカタチは整っていませんが、旬の野菜が棚にてんこ盛りに売られているんです。

今なら、ピーマンやししとう、じゃがいもやトマト。

ピーマンなんて肉厚でプリプリしていて見惚れてしまうほど。

スーパーで売っているモノより断然おいしそうです。

しかも、安い!!!

我が家は夫婦ふたり暮らしなので、そんなにたくさんの食材を消費するわけではないのですが、どれも新鮮でおいしそうなのでついつい買い過ぎてしまいます。

結果、食卓は野菜こんもりメニューになってしまうのですが、おいしいので食べきれちゃうんですよね。

新鮮な野菜をたくさん摂取できる野菜中心の食生活はカラダによさそう。

夏バテしないように、もちろん豚肉やら魚やらも一品は食卓に並ぶようにしていますが、どうみても農家の食卓みたいです。

ただ、食品はそのようにしっかりとたくさんの種類があるのに、育毛剤は1つもみつけることはできませんでした。主人が最近薄毛で悩んでいるので、発毛につながる育毛剤があれば買ってあげようかと思ったんですけどね。

やはり、育毛剤は次のようなサイトを利用してネット通販で購入した方が良い気がしました。

ただ、いつも同じものが売っているスーパーに買い物に行くより、「きょうは何があるかな?」なんて期待感の持てるファーマーズマーケットにお買いものに行くことが楽しいのは良いですね。

店内に入れば、「あっ、今はこれが旬なのね。おいしそう~」と新しい発見や感動があったり…。

“旬の新鮮な野菜”がこんなにもお買いものを楽しくさせてくれて、料理することを楽しくさせてくれるなんて思ってもいませんでした。

ファーマーズマーケット万歳!です。育毛剤はまた、ダイコクドラックがスギ薬局で買ってあげようかな^^;