大切なロスタイム

| 子育て |

いま、2人の子供がいるのですが、

子供が出来るといろんなことが変わりました。

子育て

まず、生活のテンポですね。

働いていたときが、ロックのテンポなら、いま育児している時は、

童謡のテンポです。

子育てに関係ない人が、イラつくのはわかります。

テキパキ出来ません。

たとえば、自宅から5分歩いたところのコンビニに、飲み物を買いに行くとします。

一人なら、15分もあれば用が済みます。

特別は、急いでいなくてもそのくらいで片付きます。

これが、歩けるくらいの子どもがいた場合。

まず、玄関から出て行くまでも時間がかかるのです。

「お出かけだから、靴履くよ~おいで~」

ママが、子どもの靴を用意しながら、玄関からリビングにいる子どもを呼びます。

そこで、すっと来る子どもっていないのです。

次は実際にあったほんの一例です。

*一緒にもっていくといってトンデモナイものを抱えてくる。(例:数冊の絵本、巨大な縫いぐるみ)

*なぜか、着せていた服を脱いでいる。ボトムスを脱いでいることが多いです。

*おむつが一大事。

毎回違いますが、アクシデントが盛りだくさん。

お出かけが楽しみすぎて、ギリギリまで黙っているママは多いです。

子どものハイテンションは、お出かけまでに抑えておきたいものです。

まだ靴も履いていない、この時点で出かけようと思ってから、15分は過ぎています。

どうにか、靴を履かせて鍵をかけている間に、元気なお子さんは、大体ダッシュします。

「ちょっとどこ行くの!」

まだまだ、出かけていません。

このようなテンポで15分で済む、コンビニにお使いは、1時間まで行きませんが、3、40分かかります。

道路に出れば、咲いている花、お散歩中の犬。面白い形の石、なんか飛んでいる虫、

いっぱい質問されますし、立ち止まられます。

でも、それは無駄な時間ではありません。

親子にとって大事な時間。

子供にとって、大事な時間なのです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。